株式会社ユー・エス・テクノロジー,ファーイースト。
金属ワークにダメージを与えない! ブラスト用 プラスチックメディア

会社概要 お問い合わせ

Thermosetting plastic Recycling熱硬化性樹脂のリサイクル(再利用)

熱硬化性樹脂は耐久性・耐熱性や耐薬品性に大変優れており、家電用部品や工業用部品・機械部品・食器・コンセントなど幅広く利用されております。
ですが熱硬化性樹脂の一番のデメリット があり 、それは 熱可塑性樹脂とは対照的に基本的に一度熱をかけて 成形してしまうと再度熱をかけても溶解しない為、再成形することが難しくリサイクルや再利用に向かないと言う事です。

株式会社ユー・エス・テクノロジー,ファーイーストのSDGsの取り組み

一般的に出まわっている主な熱硬化性樹脂 熱硬化性プラスチック は、
・フェノール樹脂
ユリア樹脂 尿素樹脂
メラミン樹脂
・エポキシ樹脂
不飽和ポリエステル樹脂
・ポリウレタン樹脂
・ジアリルフタレート樹脂
・シリコン樹脂
・アルキド樹脂
・ケイ素樹脂
・ガラスファイバー強化樹脂
・カーボンファイバー強化樹脂
など様々な熱硬硬化性樹脂が存在します。

リサイクルや再利用が難しいと言う事は、廃棄する場合に産業廃棄物として処分料を支払い処分するしかありません。
最近では熱硬化性樹脂であるエポキシ樹脂やポリウレタン樹脂のケミカルリサイクルもありますが、まだまだ技術研究が必要であったりと問題点が数多くあるのが現状です。

しかし株式会社ユー・エス・テクノロジー,ファーイースト(以下、U.S.T.F.E.と称する)では上記に挙げた熱硬化性樹脂の中から、ユリア樹脂(尿素樹脂)・メラミン樹脂・不飽和ポリエステル樹脂の3つの樹脂をそれぞれリサイクル(アップサイクル)し航空機の塗装剥離・電子部品のバリ取り・金型洗浄や加飾など様々な用途で使用される「樹脂製研磨材」の製造・販売しております。

U.S.T.F.E.では服飾ボタン製造工場・メラミン食器製造工場・樹脂成形工場などから製造工程中に発生する柄不良・傷不良・不良品(製品として出荷できない物)・インジェクション成形時に発生してしまうランナーなどを供給頂いており、従来であれば廃棄するはずだった物が重要な資源になります。

熱可塑性樹脂のリサイクル工程

またリサイクル(本来廃棄されていた廃棄物の減少)だけではありません。プラスチックの射出成形時やゴムの加硫成形時に金型表面に残ってしまったモールドデポジットには、従来までは有機溶剤等で用いていた洗浄をU.S.T.F.E.の樹脂製研磨材に切り替えることで、職場環境の改善や作業者の安心にも繋がります。 (樹脂製研磨材なので硬い金属に対して殆どダメージを与えずに洗浄できます)

有機溶剤を使用しないと言う事は、特殊健康診断・作業環境測定などを行う必要がございません。 該当 3 種類の樹脂であっても U.S.T.F.E.で引き取り可能な物と不可能な場合があります!
(※製造工程上の都合も含みます)

引き取り可能な物

不飽和ポリエステル樹脂 / ユリア樹脂(尿素樹脂) / メラミン樹脂 ※混載不可

引き取り不可能な物

・ 熱可塑性樹脂
・ 該当3種類以外の熱硬化性樹脂
・ ガラス繊維入りの樹脂
・ ゴミや不純物が混入している
・ 洗浄しておらず汚れている
・ 成形時の圧力不足による不良品
・ 雨などによって濡れてしまった
・ 内部にチップやゴムが埋め込まれている
・ バリ
・ 箸
・ 厚さ 4 センチ以上
・ ボールの様に丸い球形
・ RoHS2 指令における最大許容濃度を超える
・ REACH 規則(高懸念物質)における最大許容濃度を超える
・ その他 法規制に該当

U.S.T.F.E.の研磨材は品質第一に考えていることから、
上記の「引き取り不可能な物」に該当する物に関してお断りさせて頂いております。
※選別・分別して頂くことにより使用可能な場合もございますので、ご不明な点等ございましたら是非一度ご相談ください


この様に厳選した材料のみを使用した品質管理の元、当社基準を満たした高品質な研磨材のみを出荷させて頂いている事から、各方面のお客様から高い評価を頂いております。

メールでのお問合わせに関しましては、 回答をお電話でさせていただく場合や、 お問合わせの内容によっては回答を さしあげるのにお時間をいただくこともございます。
また、土日、祝祭日、年末年始、夏季期間は 翌営業日以降の対応となりますのでご了承ください。